お掃除ソムリエWEB Shop



  水回りなどにコーティングをしておくとお掃除がラクになることは言うまでもありません。 一度体験すると手放せなくなることは体験者が物語っています。

それでは、なぜ便利なことが余り拡がらずにいるかということになります。

一般的には、新築のオプション会やハウスクリーニング会社からの情報が多いようで、そのようなサービスや住宅購入時などに周知される範囲でしか情報が得られていないようです。

加えて、市販のものは性能に満足いかず、長くても3〜4週間、短いものでは1週間程度のものになるようです。
また、ホームセンター・専門量販店・DIYショップ、インターネットでの販売が殆どで、意外に目に触れていないことが多いようです。
 


プロ施工とアマチュア施工の違いとは…

  コーティング処理には、プロの技とか言われますよね。プロ施工とアマチュア施工の違いは一体なんなんでしょうか?

コーティング剤が業務用とか言う人もいるでしょう。でもこの違いは 「手馴れている」、「コーティング剤を熟知している」だけのことなんですね。

プロ施工のメリットは、下地処理が完璧なこと、ムラを作らないこと、完全硬化、これに尽きると思います。
つい面倒に思ったり、経済的に余裕があれば業者に依頼することになります。

また、一般的には簡単に手軽にできるもので間に合わせてしまいます。効果よりも安全でデメリットの無いものに手が行きがちになります。

ですから市販品は、なるべくムラを作らないように処方されているんです。 1年に1回数万円をかけて施工するより、1回数十円〜数百円で 年に数回自分で簡単に済ませる方法を選んでしまっているようです。
 


DIY用のコーティング剤は遅れている

  選択肢のわずかなセルフコーティング、それが今の現状です。

安全性確保とデメリットを抑えた、誰でも同じ性能を保つ商品が僅かすぎるようです。
車業界はかなり進んでいるようですが、ハウスコーティングにおいては、皆無といえます。 しいて言うと、フローリングワックスの延長のような、曖昧なコーティング剤しか見つけることができません。

コーティング開発者の怠慢とも言えますが、開発コストや多くのモニター調査などハードルが高すぎるようです。 また、住宅開発会社・管理会社、コーティング業者の意図的な様相も否定できません。



車業界は進んでいる。
DIYを推し進める気風があり、選択肢を多くしていることが伺えます。
業界の始まりは「車業界」と、昔からよく耳にすることがありました。(個人の感想)

私たちの調査によると、興味をもつユーザーが殆どでした。
 




 information

  DIYコーティングについて ハウスコーティングとは
最適なDIYコーティング剤の選び方 コーティング剤の種類・違い
防汚コーティングのメリット セルフコーティング・今の事情
失敗しないために実践したいこと 人気のDIYコーティング剤
セルフコーティング時に用意しておきたいもの 新入居・リフォームの予定のある方へ


このページのトップ▲

 

カテゴリーメニュー

ウィンドウを閉じる

場所・目的から探す

ウィンドウを閉じる

ウィンドウを閉じる

プライバシーポリシー

DIYコーティング剤と洗剤の通販ショップ お掃除ソムリエ WEB SHOP(以下当ショップ)は、GMOペパボ株式会社 (以下サービス提供会社)の提供するショッピングカートASPサービス カラーミーショップ (当サービス)を利用して当ショップを開設するにあたりGMOペパボ株式会社の定めた プライバシー・ポリシー に則った個人情報の取扱いを行います。

ウィンドウを閉じる

ウィンドウを閉じる

お支払いについて

ウィンドウを閉じる

ウィンドウを閉じる

配送方法・送料

ウィンドウを閉じる

ウィンドウを閉じる

特定商取引法に基づく表記(返品など)

ウィンドウを閉じる