お掃除ソムリエWEB Shop
お掃除ソムリエWEB SHOP。営業時間は平日の9時から17時まで。5500円以上のお買い上げで送料無料です。

13時までのご注文で当日発送可能。
お掃除ソムリエ WEB SHOPは商品レビューを記入すると200ポイント付与。
Paid 締め支払い対応

カレンダー

2024年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
2024年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
定休日
お掃除ソムリエ 掃除のコツ。DIYや普段の掃除に役立つ知識や方法をご紹介しています。ぜひお役立て下さい
コーティング剤の選び方
コーティングは大きく2種類 コーティングには大きく分けて、撥水性と親水性というの2通りの性質があります。
簡単に言うと、汚れにくさ・お掃除の容易さに関係します。

【 撥水性 】 フッ素系、シリコン系、ケイ素系、などの化学物質からなるコーティング剤でその文字通り、カーボディなどでは勢いよく水を弾き洗車時や日頃の使用時などに撥水効果を気持ちよく体感することができ艶と光沢の輝きには抜群の効果が得られると言えます。
また水滴状に弾いているので家事の後のお掃除などのお手入れが大変しやすく拭き上げなどスムーズで楽に仕上げることができます。
フッ素は撥水性の上、撥油性(油も弾く)効果があります。
しかしながら、水滴が残ると蒸発してそこに汚れが残ってしまうことがあります。

撥水性は拭き取りやすさを重視
ツヤや撥水効果の持続性は高くなります。


【 親水性 】 身近にあるガラスの本来の水弾きがどのようなのかをご存じにない方もいらっしゃるかと思います。純粋なガラス(表面が真に清浄でキレイな場合)には「親水性」という、水に濡れても弾かずにベタっとした感じに広がり、水になじもうとする性質があります。
水玉になりにくいため水滴と汚れを同時に洗い流すような効果があります。
また親水性の無機質の硬いシリカ(SiO2)薄膜のようなガラスコーティングを施工した鏡やガラス、カーボディは油性の汚れが付きにくく自浄作用のように降雨時や水がかかると水の薄い膜を作り、油分や汚れを一緒に洗い流してくれます。
(水量・雨量により差があり、全く水滴にならないということではありません)
撥水性コーティングとの成分の違いによりこちらにはやや光沢性に劣ります。
また、すべりが良くないので拭き傷が付きやすいということ、拭き掃除に時間がかかってしまうということが言えます。

親水性はセルフクリーニング効果を期待できる
効果の持続性がやや低く、こまめに洗浄を繰り返しおこなう必要があります


左が撥水、右が親水
撥水性、親水性の違い
コーティング選びのポイント 従来のコーティングは油脂成分が中心の油膜で保護するものが殆どでした。
油膜で保護するコーティングは、施工後1〜3ヶ月位でコーティングが酸化してしまうデメリットがあります。
また再施工時には酸化したコーティングを削る必要がある為、そのたび塗装も薄くなってしまうという大きな問題点もありました。

【 ガラスコーティングのメリット 】 従来のコーティングの弱点である保護膜の酸化を解消するために生まれたのが ガラスコーティングです。
ガラスコーティングの目的は単に水を弾かせたり、洗車やお掃除を楽にするだけではなく、硬いガラス皮膜でダメージを軽減し、塗装を削らないメンテナンスで美観を維持できる点が最大のメリットです。

【 選択が難しいガラスコーティングの種類選び 】 最近コーティングの主流になりつつあるガラスコーティングですが、プロのコート剤でもガラス成分の比率が多いものから少ないものまで種類はさまざまです。また、最高のガラスコート剤さえあれば、最高の仕上がりになるとは限りません。デメリットの少ないものを選びましょう。
ガラスコーティングだけでは万能では無い ガラスコーティングの性能が高いからと言って、すべての素材に使用できるわけではありません。
傷に強い適度な固さと薬品や油に強い性能を持っているために、ガラスコーティングは主に、キッチン・洗面・トイレ・浴槽などの水回りに最適なコーティング剤といえます。
しかし、木材や石材など素材によっては固さが不向きなものもあります。

木材や天然石などは、細かい穴が多く繊維質な状態にあります。
表面上で膜だけを作ってしまうとメクレや剥がれなどの原因になります。
また、吸水するとその傾向は高くなります。素材にダメージを与えずに、できるだけ深く浸透して成膜するものが良い結果を残しているようです。
素材の質感や仕上がり具合も重要で、適材適所で最適なものを選ぶことが最も重要です。
最も重要なポイント DIYコーティングで最も重要なことは、「DIYに適していること」
性能や品質が最高でも、実際の作業に適していなければ、良い結果にはなりません。
作業性は良くても、剥がれたりめくれたり、キレイを持続できなかったりすると意味がありません。
また、DIYコーティングは素材がキレイな状態でおこなうことが最も効果的です。
取れない汚れや染みが残ると見た目がよくない仕上がりになるため事前にきれいにお掃除する必要があります。

ラインナップ豊富な弊社のコーティング剤を是非ご覧ください。
場所から探す
>